【映画】戦争映画『ダンケルク』を観た感想・評価

映画

こんにちは、ゴリラです!

今日は『メメント』、『バットマン』シリーズ、『インセプション』、『インターステラー』、

『TENET』などの監督でおなじみの、クリストファー・ノーラン監督が撮った

戦争映画『ダンケルク』を観たので、その感想・評価を書きます。

2017年の映画ですね。

いやーこれ、普通の戦争映画じゃないです。

陸軍兵士の派手なドンパチを想像した方はちょっと肩透かしを食らうかもしれません。

僕がそうでした。

ちょっと変わった視点から戦争を眺めた映画ですね。

というのもこれ、ダンケルクというフランスの港街から逃げ出そうとする

イギリス・フランス連合軍の兵士たちの退却戦を描いた映画なんです。

救出劇と言ってもいいですね。

退却する兵士その数なんと40万人。

敵はドイツ軍。ダンケルクの浜まで連合軍を追い詰めます。

はたしてドイツ兵たちが迫りくる中、救出は間に合うのか。

といったような映画になります。

第二次世界大戦の話ですね。

映画は視点を陸海空軍のすべてに移して、描かれます。

観ようと思ったきっかけは前から気にはなってはいたものの、

先日観た『ザ・ガンマン』で見た俳優、マーク・ライランスがこの映画にも出てると知ったのが

一番大きかったです。善人から悪役までこなす彼の演技っぷり結構好きになりました。

でわたくしゴリラのこの映画の評価なんですが、可もなく不可もなくといったところ。

☆は3/5くらいです。

えっと思われたそこのあなた。

この前ゴリラが観た糞映画、『ザ・ガンマン』のほうが評価高いやん、そう思われたかもしれません。

そうなんですよ。

僕けっこうB級映画好きなんですよね。

ではなぜ僕はびみょ、いや普通という評価なのかということなんですけど、

この映画、主人公側は逃げ惑うだけで、戦い返さないんですよね。

バトルがない。

戦争映画ってバトルにその映画の熱量を感じるところあるじゃないですか。

戦う意志とでもいうべきものにドラマが宿るというか。

そういう意味では僕はちょっと肩透かしくらったような感じでした。

でもこの映画、歴史の教科書として、戦争のひとつの側面を伝えているなとも思いました。

戦争には勝利だけじゃなく敗戦もつきものです。

ときには勇気ある決断をし、撤退することも必要です。

その撤退に焦点を当てた映画ってこれまで無かったと思うんですよ。

僕が知らないだけかもしれませんが。たぶん珍しい。

そういう意味ではしみじみと思うものがある映画ではありますね。

撤退というか、救出劇とすれば、有名な映画『プライベート・ライアン』にも似てるところ

あるかもしれませんが、助ける人の数、その規模が違うのでちょっとまた違うかもしれません。

でこの映画、ダンケルクなんですが、ザ・ガンマンを酷評したRotten tomatoesでは

批評家から絶賛されてるんですよね。

なんと批評家から92%の支持。一般オーディエンスも81%の支持。

興行収入も全世界で5億$と完全に成功を収めています。

いやもうね…

こういう時はね、間違っても僕みたいに俺はこの映画普通だったなーとか、

言っちゃ駄目です!!w

「やべーよダンケルク、ノーランまじぱねぇ!この計算された演出、神!」

とかなんとか言うくらいがちょうどいいかもしれない。

でもね、あえて言おう。

普通でしたっ!ドン

いやでもまあ、まだ観てない方、一度観てみてください。

皆さんの感想も聞いてみたいです。どしどしコメントください。

僕のレビューで興味持たれた方がいれば幸いです。

また映画のレビューちょくちょく載せていきます

今日はこのへんで、またね

えっ都合が悪いから、逃げるように去るなよって?

ササッ

コメント