【映画】『最強のふたり』を観た感想

映画

こんにちは、ゴリラです。

今日はフランス映画『最強のふたり』を観たのでレビューしたいと思います。

いやね、前から存在は知っていたけどまだ観ていませんでした。

評判良いですよねこの映画。

どんなもんじゃいと思って観てみることに。

で、結論から言うと観てよかったですね。

めちゃめちゃ面白かったです。

ストーリーはこんな感じです。

首から下を動かすことができない頸髄損傷の富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)。

彼の住み込みの介護人の仕事面接に、ドリスという名の黒人青年(オマール・シー)がやってきます。

ドリスは面接に受かる気はさらさらなく、「不合格にしてくれ」と言います。

彼が欲しいのは仕事ではなく、失業保険を延長するため、面接を受けたことを証明するサインでした。

なんの気まぐれか、フィリップはドリスに試用期間一か月の条件付きで雇うことに。

それから二人の物語が始まるわけです。

これがほんとにおもしろい。二人の掛け合い、ユーモア、笑顔すべてが素晴らしかったです。

とくにドリス、彼のユーモアは単調な生活を面白いものに変えてしまうものです。

フィリップも心の底から楽しい時間を過ごしたに違いありません。

ドリスはフィリップを身体障碍者の富豪というよりは一人の人として接します。

それがフィリップには楽しく、信頼できるものだったのだろうと思います。

フィリップはドリスに過去のことも隠さず打ち明ける仲になるのです。

と、これ以上はネタバレしそうなのでやめておきますが、

ほんとに二人の笑顔がいいですね。とても味がある。

グリーンブックのマハーシャラ・アリの笑顔も好きでしたが、こっちも負けてない。

あと感想はというと、ちょっと話は変わりますが、

最近ポリコレが話題になっていて、原作改変してまで黒人やアジア人を起用する

なんていうこともあったりするなかで、『最強のふたり』は自然なのがいいですよね。

舞台はフランスのパリ。貧困層の黒人という設定ですが、本当にそういった現実もある中で、

黒人役をあてるというのは自然です。

あとはフィリップの秘書のマガリーがエロかったくらいですかね。

いや結局エロかよ!と思われた皆さん。

結局エロなんです。

ドリスがエロい目線でマガリーを追うのでなおさらエロかったですね。

やっぱ大人の女性、グッときました。

え、画像はなしかって?

無いんです!

え?

無いんですよ!

あきらめてください!

(気になった方は最強のふたり、マガリーで検索してみてください。)

あ、あとこの映画2019年に『The Upside 人生の動かし方』という題で

ハリウッドでリメイクもされてるみたいですね。

僕はまだアメリカ版は観てませんが、内容を忘れたころに観てみようかなと思ってます。

では今日はこの辺で。

次はなんの映画を観ようかな。

おススメあれば教えてください!

コメント