そうめん・ひやむぎ・うどんの違いは??

雑記

こんにちはゴリラです!

今日は手あたりしだいスーパーでそうめん、ひやむぎ、ざるうどんの麺を買ってきたんですが、

そもそもこの3つの違いってなんなの!?って思ったので(買ってから思いましたw)

調べてみました。

結論から言うと、機械で製麺する干し麺のなかで、

直径1.3mm以内のものは『そうめん』

1.3mm以上1.7mm以内のものを『ひやむぎ』

1.7mm以上のものを『うどん』と定めている、ということです。

これは機械で製麺したものの規格なので手延べ麺だとこの限りではなくまた変わってくるそうです。

へぇ~

って調べておいてなんなんですが、そうめん、うどんはわかる。ひやむぎってなんなん!?って

疑問が残ります。

いやまじで『ひやむぎ』ってなんなんですか!?

Wikipediaのひやむぎの項によると、「冷麦」の語の由来は、うどんの旧称「熱麦」に対する語であるとされる。

とありました。

えっ、、、熱麦??

熱盛!!

いやちがうちがう💦w

うどんはむかし熱麦だった??

初耳です。まさかうどんがうどんじゃない時代があったなんて!

熱麦をググってみると

小麦から作られたうどん・そうめんなどを熱くしてから食べるものを熱麦という、とのこと。

うどんだけじゃなくそうめんも入るんですね。

うどんの旧称というよりは別名として考えたほうがいいのかも。

Wikipediaのうどんの項目にも熱麦の記載はなかったので。

いろいろと勉強なりますね~

というわけで今日はそうめん、ひやむぎ、うどんの違いを調べた回でした。

またね!

コメント